京都線梅田方(3工区)に出現した?#21435;楗?#26689;。営業線の線路の真上に高架橋を構築?#24037;?#30452;上工法をとる(写真:大野 雅人)
[画像のクリックで拡大表示]

 新大阪駅から東へ2km、阪急電鉄の京都線と千里線が平面交差?#24037;?#28129;路駅。阪急線の要衝であるこの駅を含めた一帯に、巨大な高架橋が出現し始めた。地平を走る阪急線の線路を高架化?#24037;搿?#38442;急電鉄京都線?千里線(淡路駅付近)連続立体交差事業?#24037;饋?

 この事業は、大阪市東淀川区東淡路にある淡路駅とその前後の線路7.1kmを高架化?#24037;毪玀巍?#32207;事業費は1632億円で、そのうち阪急電鉄などの鉄道事業者が約138億円を負担?#24037;搿?

 10月初旬、淡路駅とその周辺を歩く?#21462;?#24037;事が進む上下2層の?#21435;楗?#26689;の高架橋や直上高架施工機が見えた。

淡路駅の完成イメージ。ホームは上下2層構造。上層階ホームは大阪方面(下り 梅田?天神橋筋六丁目方面)、下層階ホームが京都方面(上り河原町?北千里方面)に(資料:大阪市)
[画像のクリックで拡大表示]
阪急電鉄京都線?千里線(淡路駅付近)連続立体交差事業平面図(資料:大阪市)
[画像のクリックで拡大表示]

 この高架化工事で崇禅寺、淡路、柴島、下新庄の4駅が高架駅になる。周辺17カ所の踏切が解消され、線路で分断されていた交通の流れを?#19968;摔工?#21177;果が期待できる。

淡路駅付近の国次踏切。千里線 北千里行き電車が通り過ぎるのを待?#27169;?#20889;真:大野 雅人)
[画像のクリックで拡大表示]

 事業主体は大阪市、実際に工事を発注?#24037;?#26045;工主体は阪急電鉄、施工管理や各種調整を阪急設計コンサルタントが担っている。

 施工は8工区に分け、1工区が西松建設?佐藤工業、鉄建建設JV、2工区が奥村組?錢高組?熊谷組JV、3工区が大林組?ハンシン建設JV、4工区が鹿島建設?戸田建設JV、5工区が森組?清水建設?フジタJV、6工区が鴻池組?竹中土木?青木あ?#24037;勝?#24314;設JV、7工区が大成建設?間組JV、8工区が飛島建設?前田建設工業?淺沼組JV。