ウエ?#25915;駿螗釬弗駿毪?#24066;場で高い評価のWD Blue SSDにNVMeモデルを追加

新しいNVMe SSDは従来のSATAモデルの3倍のパフォーマンスを実現

 

 ※本資料は、3月14日(現地時間)に発表された英語版プレ?#25915;轔戛`スの抄訳です。

 カリフォルニア州サンノゼ 2019年3月14日 ウエ?#25915;駿螗釬弗駿毳暢`ポレーション( https://www.westerndigital.com/ja-jp )(NASDAQ:WDC、以下ウエ?#25915;駿螗釬弗駿耄─稀?#24066;場で高い評価を得ているWD Blue(R) SSD ポートフォリオに新たにNVMe(TM)モデルとしてWD Blue SN500 NVMe SSD( http://wdc.li/6008Enzc2 )を追加し、NVMe製品のパソコンへの普及を促進します。新しいSSDは、WD Blue製品群で定評ある高い信頼性を維持しつつ、SATAと比較して3倍のパフォーマンスを実現します(※1)。WD Blue SN500 NVMe SSDは、コンテンツクリエイターやPC愛好者向けに、マルチタ?#25915;湞轔僵`ス負荷の高いアプリケーションに最適化されており、ファイルやプログラムにほぼ瞬時にアクセスすることができます。

 WD Black(R) SN750 NVMe SSDの拡張性に優れた自社開発のSSDアーキテクチャーを活用し、新しいWD Blue SN500 NVMe SSDは、ウエ?#25915;駿螗釬弗駿?#29420;自の3D NAND テクノロジー、ファームウェア、コントローラーを搭載し、シーケンシャルリードは最大1,700MB/秒、シーケンシャルライトは最大1,450MB/秒(500GBモデルの場合)で、消費電力は2.7Wを実現します(※2)。?#25915;去颮`ジ需要が高まり、顧客のワークロードが増大するなか、WD Blue SN500 NVMe SSDはSATAを含む市場で提供されているテクノロジーよりも高い書き込み性能が特徴です。

 TrendFocusのドン?ジャネット氏は、次のように述べています。「消費者はより高速で応答性の高いコンピューターを求めており、PC業界では、SATAからNVMe プロトコルへの移行が進んでいます。コンテンツクリエイターは、4Kや8K映像の編集、コンテンツの作成や配信、社内での膨大なデータの管理など、業務が増大しています。新しいWD Blue SN500 NVMe SSDは、大きな負荷のデータファイルを、より高速に?#25915;去颮`ジできます。」

 ウエ?#25915;駿螗釬弗駿毪違簽`タセンター&クライアントコンピューティング、マーケティング担当バイ?#25915;抓欹弗釬螗取ⅴē湞?ベックは次のように述べています。「コンテンツの4Kや8Kへの移行は、映像や写真のエディター、コンテンツクリエイター、高負荷データを扱うユーザー、PC愛好者にとって、SATAからNVMeに移行する、よいタイミングです。WD Blue SN500 NVMe SSDによって、高い信頼性と堅牢性を持ち?#25915;轔啶圣榨┅`ムファクターで、高速で十分な容量の高性能ノートパソコンやデ?#25915;去氓抓靴漸償螭?#27083;築することができます。」

■価格と提供時期

 薄型ノートパソコンやデ?#25915;去氓抓靴漸償螭?#26368;適なWD Blue SN500 NVMe SSDは、250GBと500GBの容量で片面実装 M.2 2280 PCIe Gen3 x2 フォームファクターで提供されます。価格はオープンです。詳しくは、当社ウェブサイト( http://wdc.li/6008Enzc2 )をご覧ください。

 (※1)WD Blue SATA SSDのシーケンシャルリード最大速度560MB/秒、WD Blue SN500 NVMe SSDのシーケンシャルリード最大速度1,700MB/秒。

 (※2)転送速度の単位は、メガバイト毎秒(MB/秒)=100万バイト毎秒。性能はハードウェアやソフトウェアの構成、設定により異なります。

 *以下は添付リリースを参照

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505135_02.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505135_01.pdf