横浜アリーナに集結した約1万2000人の熱狂的?#30465;窹erfume(パフューム)」ファンが、スマートフォンで会場内のWi-Fiに同時接続──。

 そんなことをしてうまくいくのか?そもそもライブ会場にスマホを持ち込んでいいの?録音?録画は禁止が一般的なのに。

 平成最後の大みそかとなった2018年12月31日、人気歌手グループであるPerfumeのカウントダウンライブが横浜アリーナで開かれた。実はこの日、今や世界中にいるファンとPerfumeが、2018年から2019年に年が変わる瞬間を共有するというプロジェク?#21462;竏ocomo×Perfume/その瞬間を共有せよ。」がライブ中に開催された。これは、NTTドコモが新しいエンターテインメント体験を探る「FUTURE-EXPERIMENT」の一環で、その第4弾(VOL.04)に当たる。

2018年の大みそかにNTTドコモとPerfumeが実施したプロジェク?#21462;窮UTURE-EXPERIMENT VOL.04 その瞬間を共有せよ。」
(出所:NTTドコモ)
[画像のクリックで拡大表示]

 筆者もその瞬間を共有するため、2018年の大みそかに横浜に向かった。ドコモはPerfumeが2018年9月にスタートさせたライブ?#30952;ⅸ`?Perfume 7th Tour 2018『FUTURE POP』?のスポンサー。一部にNTTグループの「5G(第5世代移動通信システム)」を用いたカウントダウンライブの一部始終を、筆者は現地で見届けた。そこにはライブ演出を支えるさまざまな技術が山盛りだった。カウントダウンまでのライブ前半については、2019年2月1日に日経 xTECHの週末スペシャルで紹介済みである。

 今回はライブの後半。横浜アリーナにいた1万2000人のファンだけが参加できた年明け後の新しいライブ体験?#21462;ⅳ餞欷?#25903;えるテクノロジーに焦点を当てる。