日経 xTECH有料会員限定 現在はどなたでも閲覧可能です

 数多くのSF(サイエンス?フィクション)小説や映画作品に描かれてきた、人間のように人と対話?#24037;階I(人工知能)――。AIの開発や導入は各所で進むが、こうしたAIはまだ実現していない。対話システム研究の現状とこれからの青写真を、日本電信電話(NTT) NTTコミュニ?#26292;`ション科学基礎研究所 兼 NTTメディアインテリジェンス研究所 知識メディアプロジェクト 知識言語基盤技術グループ 主任研究員(上席特別研究員)の東中竜一郎氏に聞いた。(聞き手は内山 育海、東 将大=日経 xTECH)

最近の対話システム研究開発トレンドについて教えてください。

 対話システムには2つのタイプがあります。まず、いわゆるAIスピーカー(スマートスピーカー)に代表されるよう?#30465;ⅴ姍`ザーが何かお願いを?#24037;毪?#24540;えてくれる「タスク指向型」。米アマゾン?ドット?コム(Amazon.com)の対話エージェン?#21462;窤lexa(アレクサ)?#24037;勝?#20808;行しています。もう1つが、「非タスク指向型?#24037;?#21628;ばれるタイプです。このタイプは、おしゃべりや雑談ができるエンターテインメント性や、ユーザーがシステム?#21462;?#20210;良くなれる?#24037;長趣?#37325;視します。

 タスク指向型は(手間をかけて)作りこめば実現できるところがあるので、ビジネス向けで開発が進む一方、研究では後者のタイ?#20303;?#38609;談対話システムの開発が盛んです。特に、AI分野のトップ国際学会「IJCAI(International Joint Conference on Artificial Intelligence)?#24037;扦稀ⅳ郅趣螭嗓握?#25991;が、入力発話に対?#24037;?#24540;答をディープラーニング(深層学習)で生成、出力?#24037;毳伐攻匹啶?#38306;?#24037;毪玀韋摔勝盲皮皮い蓼埂?

日本電信電話(NTT) NTTコミュニ?#26292;`ション科学基礎研究所 兼 NTTメディアインテリジェンス研究所 知識メディアプロジェクト 知識言語基盤技術グループ 主任研究員(上席特別研究員)の東中竜一郎氏
(日経 xTECHが撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

雑談対話システムの現在の研究課題は何でしょうか。

 特に最近の流行りは、一貫したキャラクターで応答?#24037;毪浹?#21462;りをどう実現?#24037;毪扦埂?#26085;々のアシスタントのような対話システムを考えたときに、ずっと長く?#24037;盲皮玀槨Δ郡幛摔稀?#20210;間感や信頼感を持てるかどうかということが重要になります。

 対話機能を実現?#24037;毪郡幛?#22823;量の人の雑多なデータを学習させる?#21462;ⅳい恧い恧?#20154;の個性や価値観が混ざったシステムになってしまいます。一度「好き?#24037;?#35328;ったものを後で「嫌い?#24037;?#35328;ってしまったり、出身地が聞くたびに変わってしまったり?#24037;毪取?#25991;脈の一貫性を壊?#24037;長趣摔膜勝轆蓼埂?#23455;際、機械学習のトップ国際学会「NeurIPS(旧NIPS) 2018?#24037;扦稀?#31859;フェイスブック(Facebook)が?#34892;膜趣勝盲啤ⅴ隸慳氓去堀氓趣?#19968;貫性を評価?#24037;毳償螗凇窽he Conversational Intelligence Challenge 2 (ConvAI2)?#24037;?#23455;施しました。?#22528;氓趣?#23398;習には、与えられたプロフィール(ペルソナ)に基づいて話す人間同士の対話データを利用しています。