アイロ?#22528;氓去弗慳靴螅?#26481;京)は2019年2月19日に都内で新製品発表会を開催し、清掃効率や使い勝手などを高めたロ?#22528;氓?#25475;除機「ルンバi7?#24037;瑜印?#21516;i7+?#24037;?#26085;本で販売?#24037;毪?#30330;表した。

都内で開かれた発表会で新製品を披露?#24037;?#31859;アイロ?#22528;氓菴EOのコリン?アングル氏(左)?#21435;ⅴぅ恁堀氓去弗慳靴?#31038;長の挽野元氏(右)
[画像のクリックで拡大表示]
新製品の「ルンバi7+」
[画像のクリックで拡大表示]

 新製品の特徴は「Imprintスマー?#21435;蕙氓豫螗啊工?#21628;ぶ地図作成機能を搭載したこ?#21462;¥長?#27231;能により、ルンバが家の間取りを学習?#24037;毪韋恰?#20219;意の部屋を最適なパターンで清掃できる。さらに、上位機種のi7+には「クリーンベース?#24037;?#21628;ぶ自動?#35302;?#21454;集機構を持つ充電ポートを付けた。これにより、?#35302;?#25448;て?#20301;?#25968;を大幅に減らせるという。

 前述の地図作成機能は、高性能なセンサー?#21435;幞槨違簽`タを高速で処理?#24037;?#25216;術「iAdapt 3.0ビジュアルローカリゼーション?#24037;摔瑜?#23455;現した。最大10種類の異なる間取りを記憶できる上、部屋の種類も判別可能という。ルンバは自身の位置を正確に把握できるので、最適なパターンで清掃できる。前バージョンの「iAdapt 2.0?#24037;?#21205;く「ルンバ980?#24037;扦稀?#20316;成した地図を毎回消去していたため、部屋の間取りを記憶?#24037;毪長趣扦勝盲俊¥長韋郡帷?#28165;掃ルートが非効率的であったが、i7シリーズでは部屋ごとに清掃していくので効率が高まるという。この機能はプロセッサーの処理速度の向上で可能になった。i7に搭載したプロセッサーの処理速度は、ルンバ980の30倍である。

iRobot Homeでは清掃済みの場所を間取り上に緑色で表示?#24037;搿?/div>
[画像のクリックで拡大表示]

 使い勝手も高めた。スマー?#21435;榨━螭湞駿芝欹氓?#31471;末のアプリ「iRobot Home?#24037;?#36899;携させれ?#23567;?#37096;屋に「ベッドルーム?#24037;洹弗氓隸蟆工趣い盲?#21517;前を付けられるため、どの部屋をいつ掃除?#24037;毪韋頷姍`ザーが管理しや?#24037;ぁ¥丹槨恕?#20154;工知能(AI)スピーカー「Google アシスタン?#21462;工洹窤mazon Alexa?#24037;趣?#36899;携も可能。これらのAIスピーカーに話し掛けるだけで任意の部屋を掃除できる。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関?#24037;隖AQはこちら

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

製造

エネルギー

もっと見る